FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

(以下、mixiニュースで見つけたYOMIURI ONLINEの記事からの引用)

「うつ百万人」陰に新薬?販売高と患者数比例

うつ病患者が100万人を超え、この10年間で2・4倍に急増している。不況などの影響はもちろんだが、新規抗うつ薬の登場との関係を指摘する声も強い。安易な診断や処方を見直す動きも出つつある。

 東京の大手事務機器メーカーでは、約1万2000人いる従業員中、心の病による年間の休職者が70人(0・6%)を超える。2か月以上の長期休職者も30人を超えた。多くがうつ病との診断で、10年前までは年間数人だったのが、2000年を境に急増した。

 この会社の産業医は、「『うつ病は無理に励まさず、休ませるのが良い』との啓発キャンペーンの影響が大きい」と話す。うつ病への対処としては正しいが、「以前なら上司や同僚が励まして復職させたタイプにも、何も言えなくなった。性格的な問題で適応できない場合でも、うつ病と診断されてしまう」と、嘆く。

 国の調査では、うつ病など気分障害の患者は、2000年代に入り急激に増えており、一概に不況だけの影響とは言えそうにない。

 患者急増との関係が指摘されているのが、新規抗うつ薬「SSRI」だ。年間販売高が170億円台だった抗うつ薬市場は、1999年にSSRIが登場してから急伸。2007年には900億円を超えた。

 パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長(精神科医)によると、欧米でも、この薬が発売された80年代後半から90年代初めにかけ、患者の増加がみられた。

 冨高部長は「SSRIが発売されたのに伴い、製薬企業による医師向けの講演会やインターネット、テレビCMなどのうつ病啓発キャンペーンが盛んになった。精神科受診の抵抗感が減った一方、一時的な気分の落ち込みまで、『病気ではないか』と思う人が増えた」と話す。

 田島治・杏林大教授が、学生にテレビCMを見せた研究では、見なかった学生の倍の6割が「気分の落ち込みが続いたら積極的な治療が必要」と答え、CMの影響をうかがわせた。

 ◆安易な投薬…薬なしで回復の例も◆

 うつ病は一般的に、きまじめで責任感が強い人が陥りやすいとされる。自殺に結びつくこともあり、早期発見・治療は自殺対策の柱のひとつにもなっている。

 ところが近年は、「自分より他人を責める」「職場以外では元気」など、様々なタイプもうつ病に含まれるようになった。検査数値で測れる身体疾患と違い、うつ病の診断は難しい。このため、「抑うつ気分」などの症状が一定数以上あれば要件を満たす診断基準が普及した。「なぜそうなったか」は問われず、性格や日常的な悩みによる落ち込みでも診断され、かえって混乱を招いた面がある。

 田島教授が行った精神科診療所の医師に対する調査では、約8割の医師が、うつ病の診断が広がり過ぎていることに懸念を示した。

 安易な投薬を懸念する声もある。抗うつ薬は、うつ病治療の柱とされているが、宮岡等・北里大教授は「薬なしでも自然に回復するうつ病も多い」と話す。

 海外では、軽症には薬物療法ではなく、カウンセリングや運動などを最初に勧める治療指針も多い。渡辺衡一郎・慶応大専任講師は「日本でも、まず抗うつ薬ありきという認識を見直す時期に来た」と話す。(医療情報部 高橋圭史、佐藤光展)

(ここまで引用)

まぁこの記事の筆者が言いたいことは分かります。一言で言えば新薬の登場と鬱病の啓発活動の結果、患者が激増したということが言いたいのでしょう。ええ、全くもってその通りだと思います。私自身、大学の心理学の授業でSSRIについて学び、また元相方の通院に付き添う過程で鬱をはじめとする精神病の知識を深めていきました。その結果自分は病院に行くべきだ、いや行って治療を受ける必要があると考え、今の病院の門をたたきました。

筆者(以下この記事の記述者を指す)は「以前なら上司や同僚が励まして復職させたタイプにも、何も言えなくなった。性格的な問題で適応できない場合でも、うつ病と診断されてしまう」という産業医の言葉に何の疑問もなく掲載しているが、そもそもこの時点で筆者と産業医は勘違いを犯している。

まず「上司や同僚が励まして復職させたタイプ」の人間は、負のループにはまってしまい、落ち込んでしまった状態と考えられる。そこにカンフル剤、或いは起爆剤として上司や同僚に励ましてもらって復帰できていた。そういう人の事を指しているのだと思われるが、そういう人間はそもそも「鬱病」ですらない。専門知識を持たない周囲の人間が解決できる程度の問題であるならば、病気であるとは言えないし、そもそもそういう兆候が表れた人間を察知できないのならば、むしろ周囲の環境の変化に原因があると思われる。

また、「性格的な問題で適応できない場合でも、うつ病と診断されてしまう」という産業医の言葉にも疑問が残る。これはむしろ鬱病というよりは適応障害であり、医師と産業医の連携がうまくいっていないか、或いは医師の誤った診断の可能性が考えられる。

自殺者数が年間3万人を超えると言う状況にあって、患者数が増え続けているのは問題だというのはあまりに突飛な発言であり、精神病の世界を”外”から見ている人間の典型であるとすら言える。患者数が増加しているにも関わらず、自殺者数が(高い水準にあるとはいえ)3万人に止まり続けているのは、ひとえにSSRIをはじめとする薬で自殺衝動が抑えられている事、及び心療内科・精神科受診の敷居が下がり、医師による治療が功を奏しているからでは無いだろうか。

製薬会社は薬の開発に長い年月をかけ、様々な臨床試験の末にやっと販売が出来るようになる。そこで先行投資した分を取り戻せなければ、次の薬が開発できなくなってしまう。逆に普及が進めば安価なジェネリック品が出回るようになり、患者の負担も減ることになる。

先日、どこかで医師は薬を出す量で儲かる儲からないが決まるわけではないと言うのを読んだ。むしろ診断書などを書くことで商売が成り立つと。ゆえに薬の量を物差しにすることは、論点がずれていると感じる。第一、今使われている薬はSSRIだけではないのだから。今後の課題は適材適所ならぬ、薬の「適量適所」といったところでしょうか。

最後にひとつ。記事中でカウンセリングとか安易に言ってますが、むちゃくちゃ金かかるのを知って言っているのでしょうか。俺が昔受けたところは1回1時間半か2時間くらいで3千円だったかな?まぁ確かに投薬治療だけで治るかどうかは、難しいところだとは思うんですけどね。完治までは望まないから、せめて寛解してくれたら仕事も出来るのに、と思います。
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply