FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

前回の記事から3時間ほどゲームを進めましたのでその続き。
ネタばれになる可能性もあるのでまず概要を。

  1. 戦闘は非常にスピーディ(召喚獣については未体験) ←奇襲攻撃成功で最短3秒
  2. 「たたかう」→ターゲットを選ぶだけで勝手に範囲攻撃や魔法・アビリティを使用してくれるので楽。
  3. 2をオート攻撃と称するならば、マニュアル攻撃と言えるコマンドの組み合わせによる戦闘方法もある。
  4. 俺の知る限り初めてだと思うが、ポーションが味方全体に効く
  5. 戦闘はリーダーにのみ直接指示を出し、他のキャラは割り当てられた「ロール(役割)」に基づいて行動する。
  6. またリーダーを含めたロールのまとまりごとに攻撃的な物、防御的な物がある(名前忘れた)。これは戦闘時に随時切り替え可能、かつ戦闘中でなければメニューから編成が可能(イメージ的にはロマサガ2・3等の陣形に近い)。
  7. (俺の脳みそが、薬で溶けているだけかもしれないが)ゲーム中の用語が複雑で難しい。頻繁に用語解説をチェックしてやっと理解してきた。

こんなところでしょうか。俺FFは1~7、9しかやってないんですが、リーダーが死ぬと即全滅と言うのは初めてなので、結構新鮮です。

------ 以下ネタばれ部分へ -------
まずストーリーですが、確かに一本道な感じは受けます。これまでのFFのように、バラバラな目的を持ったキャラが集まっていき、やがて世界を救う~みたいな感じですね(あくまで今の状態がそうなのであって、今後どうなるかは不明)。キャラそれぞれに非常に個性があるので、誰が誰だか分からなくなる様な事が無いのはいいですね。

それから非常にびっくりした点として、ロード回数の少なさが挙げられます。内蔵したHDDにデータを大量に移しているのか、ゲーム中に裏側で読んでいるのかはよく分からないですが、とにかく少ないです。ロードが長くかかる大きな節目などは、ストーリーを同時に流したりして次へ繋げるイメージを膨らませる工夫も好感が持てます。ロード時間=退屈な時間という既成概念を吹き飛ばしてくれました(既に他のゲームでも採用されてて、今や当たり前なのかもしれないですけどね)。

あー、後は移動画面が完璧に3Dなので、酔う人は向いてないかも(;´Д`)
今のところそんなに複雑な移動はないですが、まぁ普通の3Dのネトゲ並みですね。コントローラーがワイヤレスなので、縛られるものがないし動かしやすいです。

それからPS3に関してですが、PlayStationHome(まだβ版みたいですが)という仮想空間へ行くことが出来ます。以前はここでミクのライブイベントがあったようです。次はリン&レンのイベントがあるらしく、広告が出ていました。足を運んでみようと思っています。
→今見てきたら、リン&レンのイベントは既に開催中の模様w
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply