FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

どうやら頃合いのようですので、俺もそろそろ書こうかと思います。
先日彼女とケンカをしたんです。彼女がブログに書いているように、彼女がつい先日閉鎖したブログの事で。俺としては目を通してちゃんとチェックしているつもりだったけど、彼女には本当に目を通しているだけだと感じてしまったみたいです。だって、今でこそ彼女は実家に帰って別々に暮らしていますが、数年間同棲生活を続けた彼女が、もう3年ほど病院に通い続けて

境界性人格障害(Borderline Personality Disorder)」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3


と戦い続けている彼女の様子が、帰ってこないなと思ったら衝動的にあんなことをやらかした彼女の心理状態が、気にならないはず無いですよね。社会人になるまで、ずっと彼女の通院に付き合っていたわけですし。今の病院に変わってからは、一緒に診察室に入るようになったくらいだったのに。

まぁここをご存知の方は殆ど知っていらっしゃるかと思いますが、俺も鬱病を抱えながら生きています。正確には鬱と、それに伴う睡眠障害ですね。2週間に一度通院し、毎日朝晩と寝る前に薬を飲んでいます。薬の組み合わせが面白くて、

「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors」
http://ja.wikipedia.org/wiki/SSRI


「SNRI:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors」
http://ja.wikipedia.org/wiki/SNRI


この2種類をそれぞれMAX量(100mg/dayずつ)飲んでいます。SSRIはジェイロゾフト、SNRIはトレドミンという薬です。詳細はWikipediaに譲るとして、これらの薬と睡眠薬を駆使しながら生き永らえています。薬の効果は目覚しく、大学卒業後(or退学後)は生活保護受けようと、つい1年ほど前までは考えていた自分が、今ではどうにかこうにか大学の専攻でもあった情報系の職に就き、必死こいて通勤しています。

まさか自分がこうして働ける日が来るなんて、あの頃、そう・・・ついに限界を感じて、泣きそうになりながら近所の病院に受診の予約の電話をかけた頃は、夢にも思いませんでした。後から知ったのですが、病院はそれなりに有名な所らしく某掲示板にもスレがあるくらいでした。まぁ正直、評判なんてどうでも良かったんですよ。ただ近いから。それだけの理由で選んだ病院でした。バスに乗って~とかできる精神状態じゃなかったんですよ。

それが今から約2年前。もうすぐ3年目に突入です。きっとまだまだ治療には時間がかかると思います。流石に今の会社の面接の時に

鬱病持ちです

とは言えませんでしたが。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

まぁこうして無事一人の社会人となり、両親を安心させてあげられたのも、いい友達と素敵な彼女を持てたお陰です。本当に感謝しています。

今の自分しか知らない人は驚くかも知れませんが、本当にヤバイ時期がありました。外に出れば赤信号が青に見えたり、車が来るって分かってるのにふらっと道路を横断したり、たまに電車に乗ろうとホームに立てば、電車が近づくと呼ばれる感じで引き込まれそうになったり。でもそれをしなかった(できなかった?)のは、本当にそんな事をしてしまったら、誰が悲しんで、どんな顔をして、最悪後追いをしかねない人が居たからで。俺は勇気のあるほうじゃないので、自殺なんて絶対に無理です。ただ、あの精神状態の時は危なかったですが。

まぁそこから何とか這い上がり、こうして社会生活も人並みとまでは行きませんが、出来るようにはなりました。この調子を持続したいですが、鬱は波があるため、いつその下降線がくるかという不安は絶えず心のうちにあります。そういう不安との闘うための武器が薬であり、かけがえの無い人の存在です。

社会人生活は想像以上に大変でした。帰ってきても疲れて何もやる気が起きないし、毎日出勤するからスーツやシャツ、ネクタイなど揃えないといけないし。酒量が増えたのも、ストレスのせいではないかなと思います。彼女は離れて暮らしているため、分からないかもしれませんが、長年続けてきた日課や習慣がことごとく無くなっています。2ちゃんねるの自作板とかメンタルヘルス板などを巡る事も必要が無い限りしなくなったし、最近では友達のブログを巡回する事も殆どなくなりました。

>特に相互リンクしてくださってる方ごめんなさい(´・ω・`)

とにかく時間が無いんですよ。通勤で往復4時間、睡眠5~6時間、勤務は定時上がりでもお昼休憩入れて9時間。これに出勤の仕度や食事の時間、風呂とか入れると・・・。まぁ全て言い訳なんですけどね。

俺がいつから彼女の事を「ぞんざいに扱っている」と思わせてしまったかは分からないけれど、彼女が怒る理由も十分理解したと思うから、今は自分が悪いと思うところを直していこうと思います。また戻ってきてくれると信じて。


(以下、彼女宛の私信)
1.誰かを愛する事に形は無いと思う。与え、与えられるものが愛でしょう?そして、何を相手に与えるかなんて自分が決めるもの。俺はいつかあなたが輝く時に、その土台になっていたいよ。

2.Coccoのライブのこと。あなたがどれ程あのライブを待ちわびていたかは、一番よく分かっているつもり。決してあの二日間をけなした訳では無かった。文句を言った訳でもなかったつもり。ただ自分なりの感想・印象をそのまま言葉にしただけだった。好きなもの、好きな人、好きなこと、そういうのを侮辱されたら誰だって怒るよね。多分俺の言い方が悪かったんだと思う。だからそれに関しては許して欲しい。

 今思うと、自分の好きな歌をあまり歌ってくれなかった事がちょっと寂しかったと言うか。そういう気持ちがあったからだと思う。「ネギバンド」のCoccoは何年も聴いているけど、「長田バンド」のCoccoはまだあまり聴いてないから・・・。なんていうか、俺はメロディラインを重視するのは知ってると思うけど、同じ曲を演奏しててもやっぱりどこか違うんだよ。でもそれを含めてあなたはCoccoが好きなわけで、そこにちょっとズレが出来てしまったんだと思う。あの日、二日目の後にも言ったけれどMCとか凄い良かったし、Coccoの事ますます好きになった。これは本当の本当。俺の正直な気持ち。ヴィジュアル系とアニソンばっかり聴いてた俺の音楽の世界を広げてくれたのは、紛れもなくあなたです。

3.指輪のこと。あの指輪はプレゼントしたものだから、要らなかったら捨ててくれてもよかったんだよ。でもそうしなかったのは、それだけ大切にしてくれたからだと勝手に思ってる。本当にありがとう。大切に保管してあるから、またつけてもいいかなと思ってくれたら言ってね。

4.二人のこと。10年て客観的にみると長いねー(笑) ここまで来ると、まぁなんていうかただの恋人としてはみれないかな。あなたが今年の目標を決めた理由もなんとなく分かる。逆の立場だったら、きっと俺もそう考えるだろうから。多分色々あって自分の心境、立ち位置が分からなくなってるんだと思うけど、焦らずゆっくり考えればいいと思う。一昨年の夏にのんびり仙台に帰った時のように。

 後、いつでも頼ってくれていいから。パソコン関係なんて、特にね。俺はパソコンを直す、その代価としてスーパードライとご飯をご馳走になり、お風呂も拝借する。まさに等価交換じゃない。だから、電話くれた時は本当に嬉しかったよ。
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
有浅ひなこ  

どもども、おはようございます。
ええ話じゃないですかー(つД`)

ぶっちゃけ、どっちかが社会人として普通に働き始めると生活がガラリと変わるし、周りに気を配る余裕がなくなってくると思います。
とくに最初の1年はね。

うちも8年半付き合ってるけど、本当に別れそうになった&一度別れたのは、一度目は私が就職して1年目の時。
二度目は彼が就職して1年半が経過した頃。

でも、なーんとなく今でも別れないで続いてるから縁なんかなーと思うよ。

私はカヨちゃんからメールで事情を聞いたけど、カヨちゃんの言い分もなんとなくわかる。ラディアさんの状況もなんとなく解る気がする。
実際に見てるわけではないから偉そうな事何にも言えないけど、今回の事があって気付いた事もあるんじゃないかな?

これで今後もっと絆を深めていけたらいいね。

2008/02/08 (Fri) 09:01 | EDIT | REPLY |   
カヨ  

私信ありがとう。
しっかりと全部読ませて頂きました。

結局ね、あたしが子供だからいけないんだよ…。

あたしはバカみたいにあなたの事が好きでたまらないから
すぐ構って欲しくなってしまう。
我慢が出来ないダメなお子ちゃま。バカだよね。

愛する事とは求め、求められる事なんじゃないかと思う。そして支え合う事。甘えじゃなくてね。

あなたが疲れて余裕がない事、理解してるつもりでなにも理解出来てなかった。
反省してます。ごめんね。

音楽の幅を広げてくれたのはお互い様だよ。
ラディアの聴いてる音楽をあたしが好きになったりする事もあったよね。Xとかいい例だよ。

お互い影響しあってる。

指輪はさ…捨てれなかったよ。
捨ててやろうかとも一瞬思ったけど、それだけは無理だと思った。絆だから。
きっと心のどこかでそれを感じてたんだと思う。

Coccoの事。もう気にしてないよ。Coccoの事もっと好きになったって言葉信じていいよね?
本当ならありがとう。

パソコンの事頼れるの君しかいない!
これからもよろしく(笑)

私達はきっと離れられない運命なのかもしれないね。

そんな気がしてきたよ…。

2008/02/09 (Sat) 01:07 | EDIT | REPLY |   
よぃ  

はぁ。
あまりに聖域感を感じたので暫く呆然としたよ。
人とは実に面白いものだ、自分はもう何処までも行ってしまっていると思っていても
すぐさま自分よりも先に行っている人間を見つける事が出来る。

貴方とその貴方の彼女、知らない存在同士ではない者達。
貴方とは一度か二度かそれ以上会っている気がするが、
よもや其処までも人として立派異常な存在になっている事は、
今気づいたのかも知れないな。


私はそうだな、君らがどんなに深い傷を被い合おうとしても。
必ず崩壊のしない関係だと感じている。
短く言うが愛とはそういうもの、其処にもはや明確な理由など存在しない。
ただその言葉を紡げる者のみに存在しているひとつの真実。
貴方はもうそれをはっきりと形に出来ているようだ。

愛の具現化は途方もなく苦労を要し、そして膨大な時間を有する。
貴方も、貴方のその彼女の心も。
共に私の心が壊れてしまいそうなくらい美しく、また儚い。
文章を読んだだけで涙を誘われそうになるのは、
実に久しい事だったよ。

長いレスだけどまぁ、そうだね。
信じているから何処までも行って下さい。
貴方達が常に共にある事を感じられる内は、
私のこの心の氷も解けたままだろうから。

私はこれからもこの、身近にある小さな奇跡が。
必然が起こり続ける事を祈りましょうか。
祝福あれ、と。

2008/02/09 (Sat) 19:57 | EDIT | REPLY |   
ラディア  
ありがとう。・゚・(ノД`)・゚・。

皆さん暖かいレスをありがとう。

意外と自分も精神的に参っていたみたいで、
これの前の記事にみんながくれたレスにもまだ返事をしていません・・・(;´Д`)

>有浅さん
今日通院日だったんだけど、やっぱり似たような事を言ってたよ。
本文中ではなんか俺悟りきったように書いてるけど、
実際のところは不安で不安でたまらなくて。

でも確かに色々と新しい発見があったのは事実。
気付かずにいたら、本当に修復不可能になるところだった。

今回の件で色々迷惑かけたと思うけど、見捨てないでやってね。・゚・(ノД`)・゚・。


>宵闇さん
文章を読んでいて、藤宮翠というキャラが頭に浮かんだよw

確かに聖域的な部分はあると思う。どのカップルや夫婦にも存在すると思うんだけど、
ある部分を共有することで繋がりを保ち続けるのだと。

自分が宵闇さんの言うような立派な存在だとは思わないけど、
常に自分が「自分」であることを放棄するような人間には成りたくないとは思うよ。
好きな人、愛する人にはずっと愛情を注ぎ続け、
好きな事、好きな物はずっとやり続け、
そして、嫌いな事はずっと嫌いであり続けたい。
(いい所を見つけたら変わるだろうけど)

いつも暖かく見守っていてくれてありがとうね。


>カヨ
俺はカヨの記事にどう返事すべきか分からなくて、この記事を書いたんだけど
読んでくれて嬉しいよ。
そして、トラバ指定したはずなのに、相変わらず飛んでいかなかったよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

確かに子供な面はあると思う。でもそれは俺も同じ事。そういう部分があってもいいじゃない。
構って欲しいっていう気持ちは痛いくらいに伝わってくるけど、
今まで通りに答えられない立場になってしまったの言うのは事実だね。
答えてもらえない方も辛いとは思うけど、答えてあげられない俺も辛いよ。

俺の聴いてる音楽でカヨも影響受けていいなって思ってくれたら、
それはとても嬉しい事だよ。
Coccoの事は確かにもっと好きになったよ。
やっぱり生は違うと思った。
一緒にライブに行けた事、喜びはすれど後悔なんて全然していないから。

これから先もカヨにとって「カチン」と来るような事言うかもしれない。
でも上に書いたとおり、好きな物は好きだからさ。
音楽とかゲームとかアニメとか映画とか、お互いに好きな物について
遠慮なく本音で議論しあえたらいいなと思う。

パソコンの事は任せておけー( ´∀`)

でもちょっとは自分で対処できるように成れよw
今回のサウンドカード増設もその特訓だな!


>私達はきっと離れられない運命なのかもしれないね。
俺は元からそのつもりありませんが( ´ー`)y-~~

2008/02/09 (Sat) 22:50 | EDIT | REPLY |   
柚由  

メールでもお話したけど、我が家も似たような事件があります。
旦那さんがまだ携帯みるよゆうあるから今は均衡取れてるけど
なかなか上手く行かないときもあります。
そんな事を思い浮かべながら…あぁ半分半分に気持ちが分かるなあと。
仕事してると本当にいっぱいいっぱいになりますよね。
時間に縛られるから…中々自由な時間って限られてるし。
その時間の中でも、前と同じに出来ないから
省かなきゃいけない事や、諦めなきゃいけない事も多いですよね…。
なんだか今回は本当に二人の気持ちが分かってる
家の夫婦の事にも重ねてしまいました(笑)
でも まあカヨちゃんが無事と聞いて安心しています。
長く一緒にいると、中々難しいこともありますよね(・_・;)

2008/02/10 (Sun) 06:12 | EDIT | REPLY |   
ラディア  
そうだねー

ゆずゆさんレス遅くなりました。

難しいですよねー・・・。
でも有浅さんも仰ってるように、やっぱり人生に何度かはそういう転換期があって、
そういうのをがんばって乗り越えて行かなければならない事なんですよね。
今回は大怪我をした彼女には申し訳ないですが、
自分にとっていい経験になりました。
就職するのって、自分だけじゃなく自分の周りの人間との関係や、環境をも変えてしまう事なのだと。

今年はさらに責任が重くなりそうで、正直今から頭痛がしています・・・。

でも今日はティファニーの本店行って預かった指輪をクリーニングしてもらいました。
ソロであそこに入るのはなかなか勇気が要ったのですがw
まぁ平日の夜だし、スーツだったのでその辺は入ってから気にしすぎだなって思いましたよw
その後アキバに寄って頼まれていたものを購入し、カヨの実家にきまして指輪を再度渡しましたー。
ここから再出発です。がんばりますヾ(´▽`)ノ

2008/02/16 (Sat) 02:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply