FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

友人のシロさんと長尾とFalseを誘ってひデブやりました。ROで知り合った友達と大学で知り合った友達、そしてさらにその友達と交流の輪が広がります。Skypeによる音声チャットも交じり合い、結構な盛り上がりを見せてくれました。

4人の共通の友人が自分だけなので、自分が場を立てないと成り立たない組み合わせです。また今後も随時行って行こうと思います。

明日は休講なのでぶっちゃけ暇なんですよね。レポート課題もやれる範囲でやってみたけど、これでいいのかわかんないし、先生からはさっぱりメールの返事来ないし。正直、どう動いていいのやら。卒研で取り組んでるプログラムも思い通りに動いてくれない(´・ω・`) マジでバグ取りガイザーやってますよ。

以下鬱日記
こんなときに親は電話してきます。言ってやりました。夫婦ゲンカを俺の問題にすりかえるなと。親いわく、「全部ではないけど50%くらいはお前の責任だ」だそうです。もう正直話すのも疲れた。親が言うことは俺が4年で卒業しなかったのは反則だということと、お前に今までかけた金は○○万だということだけ。

家族ってもっと温かみのあるものだと思ってたけど、俺の思い違いだったみたい。結局全て金なんですよね。俺が金食い虫だからいけないんです。確かに今までの生活を支えてくれたのは両親だけど、こんな結果になるならとっとと学校辞めておけばよかったなぁ。そしたら病気にもならなかったかもしれないし、今より拓けた未来もあったかもしれない、なんて考えてしまう。

決して親に感謝してないわけじゃない。でも両親は病気に対する根本的な理解が無い。俺のことを怠け者としかみてない。病気なんてお前が勝手になったものだろう。とっとと自分で治せというスタンス。人がどんなに辛い思いをして、薬を飲んでいるのかまるで理解しようとしない。完全に他人事なんですね。それが悔しくてたまらないです。

俺は自分が病気で誇らしいなんて思ってないです。病気だからなんて理由で働けない、両親の世話にならなければならない今の状況は屈辱的ですらあります。自分で自分の生活を成り立たせる、と言って出てきただけに。どこで歯車は狂ったんでしょうね。
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
楓  

あんたの本名知ってるからなおの事親の発言が不快でならない。全然満たされてないじゃないか。親の愛情おいらも十分ではなかったから満たされない部分をどうやって埋めれば良いんだろうと思うよ。

2006/12/19 (Tue) 11:08 | EDIT | REPLY |   
ラディア  

愛情が不十分だったのかどうかはわからないけど、
少なくとも現時点では家族がいいもんだとは思えないな。
ほんと、みたされないよね。

2006/12/19 (Tue) 16:05 | EDIT | REPLY |   
よい  

心は乾くもんだよ、常に。
カラカラに乾いた心だからこそ、人の小さな欠片。
欠片の優しさを感じられるんだから。

だとしても限度があるのだけどね。

自分は既に親は斬り捨ててしまったから、
今更親とは思えないけども。
それでも話とかはしているよ。
親であり他人であり、良くわからない存在。
それが今の自分の、親といえる存在かな。

心の闇もトラウマも、自分の影も宵闇も。
殆どが親関係なんだけども、ね。

けども怨んだりとかは、しなくなったな。
真実を教えてくれたのがあまりに遅い時期だったけども、
自らの口で言ってくれた事は…言ってくれたからね。

人は気付いたら成長するもんだ、
ほぼ全てに気付いていたのは…何歳頃からだっけ。
小学生の中期頃には気付いていたと思う、
それで勉強とか何もかもに力が入らなかったなぁ。
家に帰ってもその問題ばかりで、集中出来る筈がない。
その内自然とやめたよ、勉強。

助け舟とかは良く、真っ先に親って言うけど。
自分にはそれが無理でね、絶対に言ったり出来なくなった。
寧ろ言った所で理解されるはずがない、
勿論言葉にしない限りは絶対に理解されないのだけどね。
それでも、自分の心は親を他人にしてしまっているから。
しないとね、生きられなかったよ。


きみの彼女に色々と言われたけども。
自分の中には確かに、色々な人格が存在すると思うよ。
性別も様々で色々な得意分野を持ち合わせているみたい。
だけど主人格は一つ。
どうしてこうなったかの原因はまだ判らないけども、
多分そうしないと押し潰されていたのだろうね。

人は状況に応じて、本当に色々な事を可能にするから。



まぁ、適度に過去を書いてみたけど。
最後に一つ。

母親を二度と家に戻させなくしたのは、自分だよ。
とっさのイライラがそうさせたのかは、判らない。
けどなってしまった結果が今、それを後悔する隙間はない。
母親に会いたいとも思わない、
この人も自分のトラウマ等の原因の一つだから。

そうだね、敵にしまったよ、親達を。
目の敵にしてた、そうだね…10年間位かな。
それなのに今更真実を話された所で、
生き延びる為に色々と改造を繰り返したこの心と身体と。
想いをかえられるわけ、ないよね。


まぁ、親は確かに親だけど。
自分はもう親には流されたくないな、流されない。
でも…それでも認めなきゃね。
難しいよ、ホント。

結局その親が自分自身を生まなきゃ、
自分自身は存在していないなんて…。

人生とは本当に複雑で難しい。
26年間じゃ、足りないね。

だから不老不死が欲しいな、なんて。
くすくす。

2006/12/20 (Wed) 05:06 | EDIT | REPLY |   
ラディア  

俺は不老不死なんていらないわ。
とっとと死んでしまいたいと思うからなー。
じじばばになっても生き続けるなんて想像もしたくない。

ぶっちゃけとっとと死んで楽になりたい、なんてw

2006/12/20 (Wed) 17:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply