FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

昨日は彼女と4時間以上しゃべってた。あんなにずっとしゃべってたのも久しぶり。くだらない話から病院のこと、これからのこと、俺のことなど色んなこと。

彼女の姉の赤ちゃんが1月に生まれるらしい。それで実家に戻ってくるのだそうだ。だからまた彼女の居場所がなくなっちゃう。その間、お父さんは入院させていたいみたいだけど、それならまたうちに来ればいいと思う。それでしばらくしてお姉さんが居なくなったら、実家に帰ればいいだけの話しだし。多分その辺の話するために、彼女と彼女のお父さんとの3人とで話をする機会があるんじゃないかな。彼女が前通ってた病院の先生にも呼ばれていることだし。
彼女は病院で友達もできなくて寂しいようだった。早く出たいって。やっぱり前入院してたときは運がよかったのだろう。入院生活も難しいものだ。

今日は昨日あの日記を書いた後寝逃げして、朝9時ごろ目がさめた。我ながら健康的な生活だ。でも今の自分には太陽の光はまぶしすぎてつらい。

昨日電話が終わってから(というか俺が強制的に切った)、色々と考えていた。なぜ病気になったのか。母親は単純に留年しまくって親にアレコレ言われるのが苦痛でなったんだろうと言った。父親も似たような考えのようだった。確かにそういう面はあると自分でも思う。逃げ場のない思いが自分を追い詰めていったのは事実だから。

だが果たしてそんな単純な理由によるものなのだろうか。俺は今までとにかく必死に生きてきた。浪人してからも必死で大学に受かろうとしたし、大学に入ってからも生活と学業とを両立させようと頑張ってきた。大学にはかろうじて受かったけれども、生活と学業の両立は破綻し、どっちもパーになってしまった。バイトは長続きせず、親に頼り続ける日々。

昨日も親は言った。「なんでバイト続かないんだろうね?」、と。

即答はできなかった。俺も常に自問自答している事だから。親は「誰彼が気に食わないからやめる」といった単純な理由で辞めていると思っている。でも今までのバイトを振り返ってみて果たしてそうだったのか、よくよく考えてみた。

(1)居酒屋 → 働きすぎて体壊してダウン
(2)データ入力 → 突然仕事に行けなくなった
(3)データ入力2 → 同上
(4)データ入力3 → 事務所閉鎖に伴いクビ
(5)データ入力4 → 欠勤(とにかく体が重くて仕事に行けない)が多くクビ
(6)テレアポ → 全力投球するも配置転換で意欲減退。鬱発症

長期バイトをざっと並べるとこんな感じ。1の居酒屋はとにかく働きすぎた。学校にも行けなくなるくらい働いた。自分がこの店を支えるんだくらいの気持ちで働いていた。結果体壊した。

2、3は病気の前兆かなと思う。5同様体が重くて仕事に突然いけなくなり、半分バックレで辞めた。

4は休んだりもしたけど仕事自体はまじめにやっていた。これがクビになったのはリストラだな。バイトの悲しさかな。

5は確実に病気。とにかく朝の早い仕事だったが、これについていけなかったのだろう。この頃からすでに病気を発症していたと思われる。

6は無遅刻無欠勤、成績も上々(1度MVP取った)で通したが、突然全く違う部署に配置転換された。これで完全に病気発症し、結果転換後3日でやめた。結局自分が何を全力でやっても結果には結びつかないのだと言う無力感が全身を満たした。

病院の門をたたいたのはそれから数ヵ月後。今思えば、後半年早く行くべきだった。いや1年2年早くてもよかったかなと思う。無理してやってきた結果が今の自分なのかな。

病気に関してとても分かりやすい説明を行っているクリニックのHPがあったので紹介。

http://www.oct.zaq.ne.jp/afalx209/hataclinic/index.html
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
よい  

そうやね、確かに頑張りすぎだわ。
その頑張りすぎた疲れが今の結果なのと、
その頑張りすぎたにも関わらず
その結果が思った以上に違ったカタチだったのと。

その頑張りに気づいてくれていないから、かな。

何をどうしたとか、どうしてとか。
あまり説明する方じゃないと見た、うん。
具体的なものを説明し始めても多分、途中であ~いいやとか。
物事の開始と終了位を伝えて理解させる事、多いかな。


うちに言える事といえば~ね。
頑張りはカタチにならないよ。
ただ自身の心に蓄積されて行く。
自分の頑張りって自分だけのものだから、
本当に近くに存在するんだよね。
だから見えないんだよ、他の人が気づいてくれないと。
他の人が気づいてくれてね、言ってくれた時。
伝えてくれた時に、初めてカタチになって目に映るんだよ。

それが少々、少なかったのかなぁって。

ヒトツヒトツが小さな切っ掛けだとしても。
蓄積されていって、何れそれは大きくなる。
キミの病気はある意味、周りが引き起こしたものなのかもね。
頑張りすぎたキミには罪はないだろうけども、
もう少し加減を知る必要性があったかな。


頑張りって、自信なんだよ。
じわじわと実感してくる、近道は人に見つけてもらう事。
とりあえずね、うちは文章を読んでしっかり見つけられたわ。

だからそうさねぇ、今はもっとのんびりするべきだと思った。
今までの頑張りの倍以上、のっそりしないと。
それを理解してほしいんだと思ったわぁ、うん。

とりあえず何もしない人が鬱になるよりさ。
頑張りすぎたり人二倍以上考えられる人がなるだろうし。

とにかく、うん。
暫くは今の頑張りをのんびり続けて行くといい。
きっと、いやそれが今のキミの道だからさ。

2006/11/12 (Sun) 15:17 | EDIT | REPLY |   
ラディア  

俺は少し生き急ぎすぎたのかな。
もう自信なんてかけらも残ってないし、
頑張る力も無いや。

少し殻に閉じこもってみることにするよ。

2006/11/12 (Sun) 15:33 | EDIT | REPLY |   
深雨  

病気って、頑張りすぎる人がなりやすいよね。
後、真面目な人とか。
病気になると、人が当たり前だと思ってること
普通だと思ってることが苦痛に思うこと
やっぱり病気になってる人じゃないと、それは理解に苦しむのかな…。

結局の所、誰かに話したい。誰かに気付いて欲しい…。
誰かに助けて欲しい。分って欲しい。
だれかが分ってさえくれれば…
どれか1つでも変わっていれば、何かが変わるんですよね。
でもそれが上手く行かないから、もっともっと酷くなってしまう。
言葉一つで人間って変われるのに
その言葉1つも上手く行かないって、もどかしいというか
難しい…というかです。

今は親の事よりも、病気の事(とううのも難しいと思うけど)
を優先に考えたほうがいいかもです。
大学の事等悩む事は多いかもしれませんが
分かり合えないものを無理に…というのは難しいですからね。
上手く言えなくて@@;;御免なさい。

2006/11/12 (Sun) 20:22 | EDIT | REPLY |   
ラディア  

なかなかに理解は難しいようです。
そういう本とか読んでるわけでもないですし。
ただ人から聞いたことと本人(つまり俺)の状態を見て判断してるだけですから。
結果としては「自分たちが金出さなければならない」というその一点で責められます。

自分が特別に頑張り屋だとは思いませんが、
自分なりに精一杯はやってきたつもりなんですけどね(´・ω:;.:...
まぁこんな感じになっちゃってます。

確かに今は親のことよりも自分のこと優先に考えようと思います。
もう親のことはあきらめました。

2006/11/12 (Sun) 23:01 | EDIT | REPLY |   
有浅ひなこ  

自分もそうなんだけど、めっちゃ頑張ってそれを正当に評価してもらえてるうちは凄く頑張って頑張って辛くてもやっていけるんだけど、それが正当な評価に結びつかなかった時に脆いって言うか、自信喪失してしまって行き場がなくなってしまって、で行き着くところが鬱なのかなぁと、なんとなく読んでいて感じました。
うちもみんなから『テキトーにやればいいんだよ』って言われます。
私の場合は『テキトーにやってるつもり』なんですが、結局周りの目が気になるから、それなりの評価を得ようと、ちゃんと見られても居ないのに必要以上に頑張っちゃったりして。
仕事は普通にテキトーにやってるけども、口先三寸でめっちゃやってる風な人もいますよね。それが結構説得力あったりして(笑

…そういう人は、大抵鬱なんか理解してくれない人が多い。
あんな人生だったらラクなのになぁと、常々思いますね。

2006/11/13 (Mon) 10:16 | EDIT | REPLY |   
ラディア  

俺の場合は少なくとも、行き場のなくなった思いの塊が鬱かなぁと思います。
テキトーにやるところはテキトーにやってきたんですけどね。
でもまぁ結果としてこんな風になっちゃってる感じです。

2006/11/13 (Mon) 11:43 | EDIT | REPLY |   
忌避  

なにはともあれやってきたことは形に残るもんだべ。
失敗と思ったことでも力になってついてくる。
疲れたらやすめばまた力が湧いてくるだろ。
ずっと休養中の漏れの言えた義理じゃないかもしれんがな。

2006/11/13 (Mon) 23:33 | EDIT | REPLY |   
ラディア  

形かー・・・なってるといいなぁ。・゚・(ノД`)・゚・。
俺も今の休養が一時的で、
また復帰できることを願うよ。
お前さんもきっと大丈夫だよ。

2006/11/14 (Tue) 00:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply