FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

今日はITパスポート試験の試験日でした。
本来は7日の予定だったのですが、インフルでぶっ倒れてしまったため急遽受験日を変更して今日になった次第です。
毎週のように試験を実施してくれているため、このようなことが可能でしたが、春秋1回ずつしか行われていない通常の情報処理技術者試験ではこうはいかなかったですね・・・。
改めて体調管理の重要さが身にしみました。

さて、11月頃から勉強してきたこの試験ですが正直なところ、めっちゃ緊張したーーーと言うのが実感です。
そもそも数年前に病気が再発してぶっ倒れて以来、試験と名のつくものを全く受けていなかったのです。
学校にも行ってませんから、定期考査もありませんしね。
だから試験が始まるまではもうドキドキでした。
日々事業所で始業時にやっているヨガをやって呼吸を落ち着けてみたりしてw

試験自体は全体的に初めて見る問題が多く、ちょっと参考書の読み込みが甘かったかなと後悔。
それでも1問1問にあまり時間をかけずに、できる問題からどんどん解いていきました。
かなりぶっちゃけて言うと計算問題は半分捨ててかかりました。
時間を食う割に配点は他の問題と同じ(だと思う)なので、まずは他を解いてからゆっくり考えようと思って。
これは当たりだったと思います。

全100問解き終わった段階で制限時間2時間のうち、1時間ちょっと過ぎたくらいでした。
ここから回答の見直しに入りましたが、おそらくほとんど回答は変えなかったと思います。
特に略語なんかはもうほぼ直感で答える感じで。
とにかく似たような用語が多いんですよね~(;´Д`)
ROIとROEとか。

そんなこんなで回答を見直し終わった時点で残り時間が30分くらいだったかな?
これ以上は分からんってなったので、試験終了ボタンをポチッと押して終わりました。
試験結果は以下の通りです(試験終了後、ITパスポート試験のサイトからDLできます)。

ITパスポート試験結果

合格基準は満たしているので、合格と見て間違いないと思いますが正式発表は来月ですね。
とりあえず今は試験から解放されてホッとしている気分と、合格したぜヒャッホウな気分が混じり合った感じですw
ただ、個人的には一番得意分野であったはずのテクノロジ系で結構点を落としているのが悔しいです。
やっぱり錆びついてるのかなー。

今後は再就職に向けて動こうと思っているので、春の試験は受けるかわかりませんが、より上位の資格も狙っていきたいです。

最後に使用した参考書の紹介と勉強方法について。

平成30年度 ITパスポート合格教本 (情報処理技術者試験)
岡嶋 裕史
技術評論社
売り上げランキング: 29,387

この本には過去問を収録したCDが付いてきます。
本を読みつつ、過去問を解きまくる勉強方法でいきました。
フランクなスタイルの参考書で、著者の人柄が伝わってきますw
今まで全くITとかに触れたことのない人でも、読みやすいのではないかと思います。

勉強結果

過去問は最終的にここまでやり込みました。
ただあまりに古い問題はちょっと用語が古かったりしたので、平成23年までで遡るのをやめておきました。

あ、あと本は全部読んでいません。
前半の経営関連とマネジメント関連をとにかく集中的に読み込みました。
この辺は人によって様々だと思うので、自分に合った勉強方法を探ってみるのが良いかと思います。

これからITパスポート試験を受ける方の参考になれば幸いです。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply