FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

いやー(;´ρ`) グッタリ

行った日の夜に配属先の先生から電話があって、翌日両親含めて4人で面談になったり。まぁ先生が病気の事詳しくて、大分両親の理解が深まったので良かったかな。1年休学を勧められたんだけど、さすがにこれ以上伸ばすのはきついので、治療しつつ卒業に向けて少しずつ活動するって事で決着。先生にマジ感謝。

父親は面談後、次の日仕事だったためとんぼがえり。いつか、あの背中に追いつけるんだろうか。

翌日、母親の同僚の人の花見に誘われて渋々参加(笑) 気はすすまなかったけど、母親の顔を立ててどら息子の顔を見せてきました。青空の下で飲んだビールは美味かった。

その次の日は疲れたのか朝から体が重くてずっとゴロゴロ。母親も疲れてたらしく、二人で居間でゴロゴロ。テレビで山手線止まってるというニュースが。帰れたら帰ろうと思っていたが、休んでて正解だった。夕方にもそもそ起き出してうーめん食ったり。

久々に母親と色んな話をした。病気のこと、学校のこと、彼女の事。彼女の病気の事も話すと、「似たもの同士だねー」と笑ってた。もう付き合って8年か9年になるよと言ったら、苦笑してた。俺一人暮らしで鬱で大変だけど、彼女がたまに様子見に来てくれるって言ったら、ちょっとホッとしたような顔をしてた。つくづく、自分は周囲の人の支えによって生きているのだと実感。

彼女の母親が亡くなった話になった時に、一度挨拶に行きたかったということを話したら、「それはそういう運命だったんだからいいんだよ」と言われた。今度墓参り行って来るって行ったら、それがいいねって言ってくれた。

夜に立花隆のサイボーグ技術に関するNHKの番組を観た。凄かった。神経を通ってきた信号を読み取って機械の腕を動かしたり、脳に直で機械つけて考えるだけでカーソルを動かしたり。まさか最先端がここまで行ってるとは思ってもみなかったから、ただただ驚くばかりだった。そして、最もビックリしたのが

脳 → (神経) → 機械(&PC)

の流れは比較的想像がつくが

機械(&PC) → (神経) → 脳

に関しても、既に研究が進んでいると言う事。これが実現すれば、人間の脳とインターネットが直で繋がったり、自分の脳と相手の脳が直で繋がるようになる。言語や距離の壁を越えて、新しいコミュニケーションの形が生まれる。ネット上の情報は全て脳につながり、目や耳などの五感を通じてではなく、直接脳内に情報を送り込む事が出来るようになる。すなわち、勉強をすると言う概念が取り払われる事になる。

知識とは勉強を通じて取り込むものではなく、インターネットという辞書から脳内に直接取り入れるものとなる。このとき、人間の能力とはテストでいい点を取ることや沢山の事を覚えている事ではなく、大量の情報の海の中から、必要なモノを如何に早く、正確に取り出す事が出来るかという点が重要になってくる。

この進化の先には何があるのだろうか。以上、推論終わり。

翌日、墓参りをして、昼過ぎに電車に乗って帰ってきた。ずっと座ってこれたが、疲れが出たのか辛かった。が、海沿いに帰ってきたので途中で海が見れたのが良かった。あの風景は格別。

以前ばーちゃんが危篤の時もそうだったのだが、俺は妙に勘が働く時があるらしい。今回も先日のあの書き込みの時間まで帰ろうか悩んでいたのだが、何となく帰ったほうがいい気がして不安を抱えつつも帰った。そしたら先生と面談とかなって・・・。勘は当たったわけで。多分多かれ少なかれ、誰でもこういう物はあると思うけど。この感覚は大事にしていかなければと思った。

途中、大宮で東京土産のひよこを買っていったのだが、両親が凄く喜んでくれた。お金も無いし、安いものにしたんだけどね。俺の金じゃないしw 早速仏壇に添えたら、ちょっとして先生から電話があって・・・以下(ry 母親曰く、御土産買ってきたからだと。うーむ。ばーちゃん始めご先祖様ありがとう。
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
BlogPetのもげらん  

きょうは、先生みたいな感謝するはずだったの。

2006/04/27 (Thu) 11:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply