びょーいん日記

2014年09月18日 23:59 

4週間ぶりの通院日でした。

体重がリバウンド気味なのを指定されて(´;ω;`)ウッ…となる。

来年の3月までに親父からの指示で何らかの「結果」を出さないといけないということを話し、相談してみました。
そしたら病院側でも考えていることがあるということで、次回の診察時にそれについて話し合うことになりそうです。
なんだろう・・・いきなり入院とか言われるのかな(;´Д`)
ちょっと緊張してます。

お薬は変わらず。


お薬メモ。

  1. 毎食後
    1. ミヤBM錠
      おなかの調子をよくするお薬です。下痢や便秘に用います。

    2. セレキノン錠100mg
      胃腸の調子を整えるお薬です。慢性胃炎や過敏性腸症候群の治療に用います。

  2. 朝食後
    1. サインバルタカプセル20mg 3C
      憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態の治療に用います。また、糖尿病にともなう神経痛にも有効です。(SNRI)

    2. アムロジンOD錠2.5mg 1錠
      血圧を下げるお薬です。高血圧や狭心症の治療に用います。

    3. オルメテック錠10mg
      血圧を下げるお薬です。高血圧症に用います。

    4. エビリファイ錠3mg 1T
      心の具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。

  3. 朝夕後
    1. ロフラゼプ酸エチル錠1mg「サワイ」
      気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。
      (マイナートランキライザー)

  4. 寝る前
    1. ルネスタ錠2mg+1mg
      脳の神経をしずめる作用があります。そして、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに誘います。

    2. タスモリン錠1mg
      パーキンソン病のお薬です。手のふるえや体のこわばりを改善します。また、安定剤によるパーキンソン症状をおさえるのにも使用します。
      →そわそわ感の防止用

    3. リボトリール錠2mg
      てんかん発作を予防するお薬です。そのほか、体のふるえやパニック障害などの治療に応用されることがあります。

  5. 不眠時(頓服)
    1. エチゾラム0.5mg
      気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。

(リンク先は「お薬110番」)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://radhia.blog.fc2.com/tb.php/2403-4590cc7a
    この記事へのトラックバック