FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

Z2にしてからPOBoxという入力ツールを使っているのですが、あまりに顔文字が少ない!
そこでPC用のGoogle日本語入力の辞書から引っ張ってきて覚えさせようとしたのですが、
どうやら一筋縄ではいかない模様。

そこで自己メモを兼ねて、POBoxへの単語登録の方法をまとめてみました。

ここから辞書ツール起動

ここを右クリック。

辞書ツール起動

辞書ツール起動。

辞書をエクスポート

辞書をエクスポート。
俺はこのサイト様の辞書をベースに、自分で手を加えたりしています。

名前を指定して保存

名前を指定して保存。

UTF-8で開く

登録する辞書ファイルには文字コードがUTF-8でなければいけないという制限があります。
俺はサクラエディタというソフトを使って、編集作業を行いました。

TAB文字

TAB文字で各属性が区切られています。。「^」と後ろの空白部分がTAB文字です。

各品詞を一括削除

まずは文末の各品詞を一括削除。「顔文字」「固有名詞」「名詞」「人名」などで検索して、一括でTAB文字に置換します。
サクラエディタではCtrl+Rで一括置換が可能です。

すべて「読み」+TAB+「単語」にする

ここが一番の難所です。
文末にある2つのTAB文字を削除していきます。とは言え、手作業では日が暮れてしまいます。
そこでサクラエディタのマクロ機能を使います。

キーマクロ

はじめにカーソルを行末に置き、「キーマクロの記録開始」で、
Backspace、Backspace、↓」の順に押します。

キーマクロの記録終了

そして「キーマクロの記録終了」を押してサクラエディタにこの操作を覚えさせます。
後は「キーマクロの実行(Ctrl+Shift+L)」で1行ずつ確認しながらTAB文字を削除していきます。
辞書ファイルの文末まで行ったら上書き保存をしてサクラエディタでの作業は終了です。

「設定」→「言語と入力」→「POBox Plusの設定」→「辞書と学習」に移動。

辞書と学習

「バックアップ」で現在の辞書を pobox/backup_dic に保存(JPNUserDict.txtという名前)。
(必要ならばリネームしてバックアップしておく)

バックアップ

作成した新しい辞書ファイルを「JPNUserDict.txt」という名前にして、 pobox/backup_dic に保存。

復元

「復元」で新しい辞書ファイルをPOBoxに読み込ませて、辞書登録完了。お疲れ様でした!

顔文字が表示されています

顔文字が表示されています。

参考サイト様:Poboxの辞書にGoogle日本語入力の辞書を引き継ぐ

【1年保証・0.33mm・2.5TR ラウンドエッジ加工】ULTRA FINE GLASS 強化ガラス液晶保護フィルム(高鮮明・スクラッチ防止・気泡ゼロ・指紋防止機能) (Xperia Z2, 0.33mm 2.5TR ラウンドエッジ)【1年保証・0.33mm・2.5TR ラウンドエッジ加工】ULTRA FINE GLASS 強化ガラス液晶保護フィルム(高鮮明・スクラッチ防止・気泡ゼロ・指紋防止機能) (Xperia Z2, 0.33mm 2.5TR ラウンドエッジ)


ULTRA FINE GLASS
売り上げランキング : 602

Amazonで詳しく見る by AZlink
Posted by
Z2

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply