FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

昨日は通院日でした。

血液検査のため、前日夜から食事を抜いておきました。
これで結果が良好だといいんだけども・・・。

睡眠のリズムが悪いと伝えたところ、ヒルナミンからロゼレムに変更になりました。
ヒルナミンは効いてる感じがしていたのですが、どうしてもダルさが残ってしまうということでカットに。
慢性的に体が重いと言うのも考慮されたのかも。

少し積極的な行動を起こしてみてはどうかと提案された。
具体的には3日連続で病院に血圧を測りにくるというのはどうかと。
しかし現状の睡眠リズムの状態ではとてもではないけど無理だと思い、「ちょっと今は厳しいです」と断った。
なかなか難しい・・・。


お薬メモ。

  1. 毎食後
    1. ミヤBM錠
      おなかの調子をよくするお薬です。下痢や便秘に用います。

    2. セレキノン錠100mg
      胃腸の調子を整えるお薬です。慢性胃炎や過敏性腸症候群の治療に用います。

  2. 朝食後
    1. サインバルタカプセル20mg 3C
      憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態の治療に用います。また、糖尿病にともなう神経痛にも有効です。(SNRI)

    2. アムロジンOD錠2.5mg 2錠
      血圧を下げるお薬です。高血圧や狭心症の治療に用います。

    3. オルメテック錠10mg
      血圧を下げるお薬です。高血圧症に用います。

  3. 朝夕後
    1. ユーパン錠0.5mg
      気分をリラックスさせるお薬です。不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。
      (マイナートランキライザー)

    2. ピレチア錠25mg
      アレルギーをおさえるお薬です。そのほか、ふるえや乗り物酔いにも適応します。

  4. 朝昼後
    1. アモキサンカプセル25mg 4C
      憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態の治療に用います。
      気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。

  5. 寝る前
    1. ヒルナミン5mg錠 → ロゼレム錠8mg
      睡眠のリズムをつくり、自然な眠りを誘います。適用となるのは、慢性的な不眠で寝つきが悪いときです。どちらかというと、治療歴がない比較的軽い不眠症に向きます。また、不眠の背景に不規則な生活パターンによる就寝時差がある場合にもよさそうです。

    2. ビビットエース錠1mg×2
      寝つきをよくするお薬です。

    3. ゾルピデム酒石酸塩錠5mg「テバ」
      寝つきをよくするお薬です。

  6. 不安時(頓服)
    1. クエチアピン フマル酸塩25mg錠 2錠×10回分
      心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。
      (メジャートランキライザー)


(リンク先は「お薬110番」)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply