FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

大きく分けて2つの話題を。

まずは最近調子がおかしかったカスペルスキーの方から。

Kasperskyアップデート85%で停止01

Kasperskyアップデート85%で停止02

85%でアップデートが止まったままになる、及びルートキットスキャンが50%で止まる不具合が再発、
といった問題が出ておりましたが、一旦カスペルスキーをアンインストール後、
再度インストールすることで解決してくれました。

再インストールで解決

もし似たような症状で悩んでいる方がいらっしゃったら、是非お試しあれ。

※その際は設定ファイルのエクスポートをお忘れなく!!※

カスペルスキーインターネットセキュリティ2013の場合、

メイン画面の右上「設定」→4番目のアイコン→「設定の管理」→エクスポート

再インストール後は同様の手順でインポートでおkです。
再インストールに使用するファイルはサイトからDL可能です(体験版ファイル。現在キャンペーン中)

カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版
カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版


次はCPUファンを買ってきたものへ換装作業を行いました。

交換するファン01

交換するファン。ケースには取り付けないのでファンのみ使用。

交換するファン02

交換するファン拡大図。Coolinkの文字が見えますね。
「Coolink」でググってみたら、買ったファンのレビュー記事が見つかりました。

Coolink SWiF2-120P パーツレビュー

この方も概ね満足していらっしゃる様子。

交換するファン03

回転数、風量、ノイズレベル等。通常使用時は殆ど最低回転数なので静かです。
ゲームとかエンコやるときだけ頑張ってくれればいいので、これは嬉しい。

組み込み後

組み込み後。光るファンとはまた違った風合いで目立ちますね。(・∀・)イイ!!

臨時で付けていたファン

こちらはこれまで臨時で取り付けていたファン。
「シンルイリアン」という名称のファンを製造・販売している、日本のメーカーです。

http://www.x-fan.jp/

このRDH1225Bは、以前HD4870でCrossFireXをしていた時に、
グラボの追加冷却用にケース内に取り付けていたファンです。丁度HDDケージとグラボの間に付けていました。

120X120X25mm
RDH1225B
Dual Ball Bearing:NMB
2400rpm
静圧[SP]:Type

最大風量 2.68m3/min
最大風量: 94.46CFM
パルスセンサー付き
0.4A / 2400rpm / 37.67dBA
Start-up Voltage 5.0V~

冷却重視、騒音なんのそので選んだので、風量もすごいですが騒音も凄まじいファンになっておりますw

さて取り付けも終わったのでどの程度の冷却力があるかOCCTでテストしてみました。

OCCT01

OCCTフルロード中。

OCCT01

OCCT負荷がけ終了し、冷却中。

続いて更にヘビーな負荷のかかるLinpack。

Linpack01

フルロード中。

Linpack02

負荷がけ終わったので冷却中。

Linpack03(OverHeated)

冷却中にCPUTINが上限値に達してしまい、オーバーヒート。残念。
まぁここまで負荷のかかる作業は、ゲームやっててもまず無いと思うので、特に問題ないでしょう。

CPUTINの値はどうもあまり信用出来ないのかな?
ググってみたらそんな感じの記事が。

マザーのCPUTIN・AUXTINの温度が異様に高くなる現象

まぁしばらく様子を見てみようと思います。



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply