FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

(その1はこちら

前回の続きです。

実はWindowsVista(64ビット版)の仮想マシンは既に作成してあったので、そこに上書きする形で8をインストール。

WinVista64VmwarePlayer01Win8Setting

インストール中の簡単なチュートリアルの画面です。


WinVista64VmwarePlayer02Win8Start

インストールと初期設定が完了し、デスクトップの画面へ。
あまりに何もないので、ここで戸惑う人が多いように見受けられます。

今まではデスクトップ上に何もなくても、とりあえず左下のスタートボタンを押せば良かったじゃないですか。
ところが長いことそうやって使ってきた習慣が急に通じなくなってしまい、戸惑うなという方が無理ですよね。
あんまりうまい例えじゃないですが、何もない砂漠にポツーンと放置されたような気分に陥ると思います。

これは俺個人の意見ですが、マイクロソフトは初期設定時に新しいスタイルと古いクラシックスタイルを
選択できるようにするべきだったと思います。XPやVista、7とかでは有りましたよね?(多分)
ちょっと自信が無かったのでぐぐってみたら出て来ました。

参考サイト:WindowsXP・Vista・7をクラシックスタイルにする

Windows8ではこちらのサイト様が参考になるかと思います。

参考サイト:
  1. Windows 8 / Windows Server 8 DP をクラシックスタイルに変更
    レジストリをいじるので、相応の知識が必要です。難易度高。

  2. Windows 8に[スタート]ボタン/[スタート]メニューを追加する(Classic Shell編)
    ソフトをインストールすればいいので、導入が容易。設定の方法さえ分かれば大丈夫そう。難易度低。

これをマイクロソフト自身が行うことで、いわばユーザーの知識や経験の後方互換を保つとでもいいますか。
それまでずっとやってきたスタイル、やり方を8でも使えるように選択肢を出すべきだったのではないでしょうか。

或いは、これまでとは異なる方法で目標の場所へたどり着くためにはどうしたら良いかという事を、
もっと周知徹底すべきだったと思います。
優待アップグレード期間のうちにやるべきでしたが、今からでもやるべきじゃないかなぁ。

個人的によく使うショートカットを記載しておきます(「Win」はWindowsキー)
  • Win+R:ファイル名を指定して実行

    ファイル名を指定して実行

  • Win+C:チャーム表示
    ここの「設定」から電源切ったり再起動が可能。

    チャーム表示

    →に現れた帯の中の「設定」から

    チャームの「設定」画面

    電源を切ったりすることが可能です。

  • Win+X:システム機能の一覧表示(正式名称は不明)
    コントロールパネル等に行きたいときに。

    システム機能の一覧表示

  • Win+E:エクスプローラー起動
    デスクトップ上にマイコンピュータを作成するまでは重宝すると思います。

    エクスプローラー起動

  • Win+Space:IME切り替え
    GoogleIME←→MS-IMEの切り替え等に

    IME切り替え

これだけ覚えておけば、今までPCを使ってきた人ならまず問題なく使えるようになるかと思います。

WinVista64VmwarePlayer03Win8VMwareToolsInstall

閑話休題。

VMware Toolsも入れ直し。

WinVista64VmwarePlayer04HostOSTaskManager

VMware上でWindows8を起動している時の「タスクマネージャー」→「パフォーマンス」で、メモリを表示させたところ。

普段から4~5GBくらい使用しているので、そこにVMwareに割り当てた分(今回は4GB)が加わって、
殆ど使いきってしまっています。お陰でスワップが起きまくりで重いのなんの。

WinVista64VmwarePlayer05GuestOSSystemInfo

VMware上のWin8のシステム画面。

WinVista64VmwarePlayer06MediaCenterInstall

↑クリックで拡大。

機能の追加でWindows Media Centerを導入。今度はメモリに続いてCPUまでフルロード状態に。

WinVista64VmwarePlayer07WindowsUpdate

インストール中。

WinVista64VmwarePlayer08MediaCenterInstalled

↑クリックで拡大。

無事Windows Media Centerが導入された。ここまでは良かった。

こ こ ま で は。

ここから何をやっても、Windows Media Center用のキーが発行できない事態に。

MediaCenterCodeFailed

何度やってもこのエラーが出る。メインPCでもVMware上からでも、スマホ上から実行しても。

Windows Media Center for Windows 8
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/win/1351664639/557

557 名前:459[sage] 投稿日:2013/01/26(土) 14:19:56.91 ID:UlfOyT21
PCからだとだめだったけど、iPhone5のSafariからだと、あっさり通った。

①申請→通る
②iPhoneの設定からSafariの履歴とCookieとデータを消去
③新品メアドでもう1回試す→①へ

こんな感じだった。ちなみにLTEで接続してた。

Chrome、Opera Mini、Slepnirからは出来なかった(どれか忘れたが2つはそもそもボタンが押せない)
これらで試した後でも同じiPhone5のSafariから通った。

2chの情報ではうまく行った人も居たみたいなんだけど、
Twitterのフォロワーさんでも同じエラーで失敗してる人が居た。。。

結局、Windows8Pro Media Center Edition」というバージョンになったにもかかわらず、
そのバージョン用のプロダクトキーが入力ができなくてライセンス認証ができない状態
に陥ってしまった。

翌日もブラウザを変えたりして試したけどNGばかりで時間切れ。
(1/31で無料で機能追加ができるキャンペーンが終了)

諦めてアニメ観て不貞寝しました(´・ω・`)

買ったのはWindows8Proなので、800円で機能の追加が可能らしい。
だから必要なった時に買えばいいかという事で、自分を納得させました。

結局またVistaを入れ、8にアップグレードして現在に至ります。
もちろんこっちのプロダクトキーはちゃんと購入したものなので、ライセンス認証も通過してあります。



あー・・・疲れた('A`)y-~というのが正直なところ。
作りかけのVBScriptも放置してここ2、3日かかりっきりだったので_ノ乙(、ン、)_

しかし・・・インストールの度にカスペルスキーを入れ直して居たんですが、
1年3台版なので4台目以降に入れる場合は、
認証済みのマシンの情報をどれか消さないといけないはずなんですよね。
でも毎回何もしなくてもアクティベーションが通ってしまって。
「3台」という台数の管理はどうなってるのかなぁ。

メインPC+VMware上のPC+スマホで3台なので、ライセンス的には問題ないんですが・・・。
以前使っていたノートンとかだと、確か自分でサイトに行って使ってないマシンを消したりしていたはず。
まぁ問題なく使えてるし、楽だからいいんだけど。

アクティベートする度に登録済みのマシンに確認用のデータ送信して居るのかな?
でもそれだと電源OFFだと反応できないし・・・。
日頃使ってる時の通信状況でインストールしてあるマシンがアクティブかどうか判断してるのかなぁ。
ちょっともんやり。





   

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply