FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

先日入れてみたVMwarePlayerなんですが、再生専用の弊害なのかよく分からないんだけど、文字化けが酷くて(Vine3.1)。アレコレ調べて試したけど、治りそうもなくて諦め。ふと通常のVMwareの事を思い出し、また試用版を入れてみました。
これを機に、ネットワークを教わってる先生が「ソースがきれいだから勉強になる」と言っていたFreeBSDを導入してみる事に。最新版の6.0をDLし、VMware用に3G確保して入れてみたらなんかエラー続出で( ´Д`) ファイルシステムとかめんどくさそうな所は自動でお任せでやってたんだけど…(´・ω・`)そんな訳で上手くXWindowSystemが起動してくれない。CUIオンリーでやる程テクニシャンでもないので、半分諦めの境地。まだまだ勉強が足りないなぁ。

2ch-Linux-Beginners

を参考に何か他に手頃なのは無いか捜す。今まで入れたことあるのが

  1. Vine Linux

  2. Turbo Linux

  3. RedHat Linux

  4. Fedora Core

  5. Debian


辺り。これ以外にいいの無いかな~って思ったけど、マイナーなの選んで情報少なくて苦労するのは、「手頃なソース書き&GCC環境が( ゚д゚)ホスィ…」という当初の目的から大きく逸れる事になるのでメジャーどころで捜す事に。色々捜して一つ一つエラーを克服して行くのも、勉強になって楽しいんだけどね。

とりあえず、上の中からaptが使いやすかったDebianに決定。フロッピー起動用のファイルをDLし、VMwareのフロッピードライブをエミュレートさせてインストール。なんか不要なファイルまであちこち導入されたようで、3G確保したのに残りが800MB以下になってた(´・ω・`)

インストール途中から気になってたんだが、やけに動作がヘビーになってて画面の描画もアホみたいに重い。ホストOS(WIN2000)のスペックが足りないのか、単にゲストOS(Debian)にメモリ割り当てすぎてホストに負担がかかってるのか、メモリの割り当てが全然足りなくて常にスワップが発生してるのか・・・原因がわからんかった。後VMware-Toolsもインストールしないといけないんだが、これのインストールも途中で上手く行かなくなってしまった。これ入れれば軽くなりそうな感じなんだが・・・。なんかダメダメじゃん(´・ω・`)

rootになって「VMware-Toolsのインストール」を選び、ファイルをインストールしようとするのだが、/mnt/*** が何とかとかでエラー発生。ソースから該当の場所見つけたんだが、修正方法が不明。とりあえずさらに調査続ける。


(2005.12.19 追記)
キター。VMware-Toolsインスコ成功。

20051219f.jpg

こちらのページを参考にさせていただきつつ、冷静にエラーメッセージを解読してやったら、割とあっさり出来た。昨日の苦労はなんだったんだ…。眠い頭でやるとダメだね。

後DNSの設定忘れてて、LANにしか設定してなかった。外部にPINGとおらねぇ(´∀`) ブラウザ使って初めて気づいた。ISPのDNS設定して開通。しかし相変わらず重い。
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
長尾  

Windows と比べ Linux の導入は簡単ではない
ということがよくわかりました。

2005/12/19 (Mon) 23:09 | EDIT | REPLY |   
radhia  

導入自体は大した事無いんだけど(かなり自動だし)、
VMware-Toolsを入れるのは、調べないと無理だった。

普通に導入するだけなら、「最新のパーツ使ってます!!」
とかじゃない限り簡単だと思う。

2005/12/19 (Mon) 23:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply