FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア



メインで長いこと使っていたPCがどうやら昇天したので、新しく作ることにしました。

↑は購入したマザボのASUS製「P8P67-EVO」という製品です。九十九の11周年記念特価で、6999円でした。

※いま見てみたら、B2ステッピングのリテール対象品だったんですね。これはB3品だったので無問題です。安い理由は、修理上がり品とかなのかも。
20111107_DSCN0558.jpg

驚きのBluetooth標準搭載!

20111107_DSCN0559.jpg

しっかりと6Gbpsのコネクタ付き。これとUSB3.0が欲しかった><

20111107_DSCN0560.jpg

デジタル制御の節電スイッチ「EPU

20111107_DSCN0561.jpg

CPU周り。トップフロー・サイドフローどちらも行けそうな、背の低いヒートシンク。

20111107_DSCN0562.jpg

PCIEx16は3本。まぁ2本あればいいんだけどねw

20111107_DSCN0563.jpg

値段の割に豪華な付属品。あと欲しいのって言ったら、フロントパネル用のUSB3.0コネクタ位。

20111107_DSCN0564.jpg

お馴染みQConnector。これが楽チンなんですよ。でも前のP5K-Eと配置が同じだったので、そのまま流用しちゃった。

20111107_DSCN0565.jpg

MBで安く上げられた分をCPUに回して、Corei5-2500Kを17980円で購入。セット割で2k引きだったので、計22979円でした。

20111107_DSCN0569.jpg

周波数は余裕の3GHz越えだけど、L2キャッシュが前の半分の6MB。このへんが微妙にベンチに影響しそう。

20111107_DSCN0570.jpg

リテールクーラー含めた一覧。クーラー薄いので、取付楽チンでした。塗布済みだったグリスは剥がして、手持ちのグリスを塗り塗り。

20111107_DSCN0571.jpg

ロゴシール。後で貼ろう(・∀・)

20111107_DSCN0572.jpg

今回唯一の贅沢品のメモリ。値段がHDDと違って絶賛下落中なので、品質の良い物を買いました。Corsair製「CML8GX3M2A1600C9W」、通称「白セア」と呼ばれているメモリです。

通常コルセア製のは背の高いヒートシンク付きのメモリが多いのですが、これは通常の高さなので、CPUクーラーを選ばない利点があります。更に低電圧の1.35Vで動作するため、OC耐性もバッチリという一品。お値段5980円也。通常のDDR3-1600メモリが3kちょいなので、2倍近いお値段です。

20111107_DSCN0575.jpg

流用するパーツのお掃除用に購入。でもあんまり質が良くなかった・・・(´・ω・`)
ヨドバシで買った逆さでもおkな物の方が、使い勝手が(・∀・)イイ!!

20111107_DSCN0576.jpg

お掃除をして、CPUとメモリ取り付けて仮組み。無事起動してくれて一安心ε-(´∀`*)ホッ

20111107_DSCN0577.jpg

残りのパーツを組み込んで、Windowsを入れてアップデート中。丸々一日またかかりました・・・_| ̄|○

20111107_CoreTemp-Scr.jpg

起動直後のアイドル状態でのCoreTempの状態。室温+10度ちょいならまぁまぁかな?

OCCT

OCCTかけたら45秒で吹っ飛んだけどな!温度が90度超えそうになって、緊急停止w

このASUSママンにはデジタル制御の自動OC機能「TPU」というのがあります。システムの負荷に応じて自動でOCしてくれる素晴らしい機能なんですが、これのお陰で通常3.3GHzの2500Kが、デフォで4.4GHz程に上昇します。何もメモリ周りとかいじらずともその位上がっちゃうので、とてもじゃないけど付属品のリテールクーラーでは追いつかない状態に・・・www

ルーハーも8窓開いたら温度が80度超えてヤバかったので、5窓くらいに減らしてます(´・ω・`)
結局質のいいCPUクーラーを別途購入するまでは、このTPUは使わない設定に。残念・・・。

ちはやローリング

確かTPUを切る前に試した「ちはやローリング」ベンチ。前は仙台くらいまでしか行けなかったので、大分レベルアップしてます。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply