FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

更新プログラムのインストール中で暇(;´Д`)

VistaSP1入れたんだけど、更新プログラムが200個近くあった。数十個ずつ後から後から湧いてくるの(´・ω・`)
まだこれからも出てくるかも・・・。

今回のOSの入れ直しに伴う教訓とか反省点を後学のために自己メモ。更に誰かのために役立てば嬉しい。
  1. OSのディスクは常に目の届くところに
    今回の最も反省すべき点。引越しの後で仕方なかったけど、もしかしたら再インストールすること無く復旧できた可能性もある。今後要注意

  2. バックアップに完全など無い
    毎日昼の12時にバックアップするようにしていた。しかし起動しないPCの問題の切り分けのために色々いじる段階でLinuxを入れたので、ディスク1つ分フォーマットしてしまった。消えたデータは2世代くらい前のだけど、しょんぼり。

  3. OS用ドライブとデータ用は分ける
    これが一番大事かも。

    Cドライブのマイドキュメントに入れたファイルなんぞ、OSと共に死ぬ運命。

    メール、写真、動画、ゲームのスクリーンショット、仕事データ等の重要データは必ず別パーティーション(可能ならば物理的に別のハードディスク)に入れる。ここが運命の分かれ道。

  4. 保存すべきデータ
    個人的には↑で述べた物。後はIMEの辞書類IEのお気に入りなど。GoogleIMEの辞書はVistaだと

    C:\Users\(ユーザー名)\AppData\LocalLow\Google\Google Japanese Input\user_dictionary.db

    なんていう場所にあるので、意識的に指定してバックアップしないと絶対復元無理だと思う。今回はNorton360のオンラインストレージに助けられた。後はフリーソフトで使ってるこれ

    BunBuckup

    お昼の12時に変更のあったファイルだけバックアップさせているのですが、12時にログインしてなくてもおk。それ以降にログインしたときにバックアップしてくれます。

  5. オンラインストレージの活用
    Norton360のオンラインストレージや、WindowsLiveのSkyDriveとか活用するのがいいかも。いわゆるクラウドってやつですな。データの分散をすることで、極端な話、家のPCが全滅してもデータの復旧が可能。

  6. ドライバやソフトを入れていく順番
    今回は、
    1. WindowsDefenderを有効化
    2. Norton導入
    3. Windows Update
    4. 各種ドライバ導入
    5. グラフィックドライバ導入
    6. 各種ソフト導入
    7. オンラインストレージからデータ復旧
    8. 元の環境の復旧
    と言う順番で行った。

  7. 問題の切り分け
    物理的な問題なのか、OSが破損しただけなのかの見極めが難しい・・・。今回復旧に時間がかかった主因が、OSディスクが行方不明だった事。XPは忘れたけどVistaでは既存の導入済みVistaの修復が可能になっている(治らない場合ももちろんあるが)。

  8. その他
    今回は壊れる直前にS.M.A.R.T情報で黄信号が出ていた。そのため物理障害を疑った。実際復旧作業中に一度DiskErrorが出た(´・ω・`)
    CMOSクリアなど試した挙句、気まぐれで挿し込んでみた古いSSDが引き金になってうまく起動してくれた。結果だけみればブートセクタ関連の破損かもしれないけど、間接的にはHDDがやばい気がする・・・。

また何か思い出したら書くお( ・`д・´)
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply