FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

【韓国ブログ】スポーツにおける「対日コンプレックス」を考える(1)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1019&f=national_1019_018.shtml


「何がなんでも日本だけには勝て!」。韓国は日本と対戦する時、異常なほどの敵対意識を見せる。仕事の手を休めてまでスポーツ鑑賞をしようと思わない人にとって、韓国が日本に対して意気込んでいる姿を見ると「なんでそこまで?」と思ってしまうのではないだろうか。


アンビバレンス

アンビバレンス(ambivalence)とは、ある対象に対して、相反する感情を同時に持ったり、相反する態度を同時に示すこと。「両価感情」や「両面価値」などと翻訳されることもあるが、そのまま「アンビバレンス」と表現するのが一般的。


この記事を読んで、真っ先にこの言葉が浮かんだ。友人が昔ブログのタイトルにも使用していたなー。

σ(゚∀゚ )オレは幼稚園~小学校の途中まで韓国人の友達が居ました。親の仕事の都合で日本に来てて、小2の終わり位に向こうに帰っちゃったんですけどね。すっごい仲がよくて、毎朝迎えに行ってファミコンやってたww
両親はあまり日本語が得意じゃなかったのですが、とてもやさしくしてもらったのを覚えています。元気でやってるかなぁ。

文化人類学とか天皇制・ナショナリズム等を取り扱った大学の授業(多分社会思想史)がすごい面白くて、理系と文系間違えたかなぁとか思いました(;´Д`)
小さい頃に外国の友達と遊べたのは、すごく貴重な体験だったんだなぁと今更ながらに思います。
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply