FC2ブログ
Welcome to my blog

ラディア

ラディア

随分前に使ったことがあったのですが、今回はちゃんとデータを取ってみようということで。国内ではストレージ製品(HDD等)の速度計測にはCristal Disk Markが主流です。アキバのPCショップT-ZONEの店員M氏もこちらの記事にあるように使用しています。また、テクニカルライターとして著名な高橋敏也氏も使用しています。(←リンククリックでFLASHが流れます)このソフトは非常に視認性が高く、またブログ等へのデータの転載(テキストベース)も容易、かつ画面にインパクトがあるので使いやすいです。

では海外では?と言うことで調べてみると海外ではHD Tuneというソフトがメジャーなようです。そこで色々ディスクをテストしてみて、まとめた結果が下記の図となります。OpenOfficeのCalcまんまの画面ですなww

HD Tune 結果グラフ

↑クリックで拡大

ちょっと値が低い転送速度MINの方がうまく表示できなかったのですが、必要な人は上の元データから脳内補完してください。ポイントは以下の3つ。

・SSDはやはり早い(平均値がぶっちぎり)
・USB2.0接続のドライブは遅い(グラフの右から2番目ですね。MINとMAXで逆転現象が起きています)
・1プラッタ当たりの容量が大きいドライブはやはり早い(一番右のグラフ)

今は徐々にUSB3.0が出始めているので、そしたら今度はSATAの方が限界が来るんじゃないでしょうか。こちらも新規格SATA6.0Gbpsが出始めています。それに対応したCrucial製の爆速SSDが、今バカ売れしてます。

以下各ディスク毎のテスト結果のSS。
ST320GB

FALS

↑Caviar Black

EACS

↑Caviar Green

AACS

↑eSATA接続のHDD。ケースは玄人志向のこれ主にバックアップ用途で使用中。

SSD

↑SSD。HDDとは全然違う軌道を描いていますね。理由はSSDがフラッシュメモリであること、HDDは外側から内側へ向かうに連れて速度が低下する事です。(参考記事

USBHDD

↑USB2.0の限界。本当はもっと早いはずなのに(規格の制限速度により)、これしか速度が出ない。

ST1.5TB(他PC)

↑うちで一番新しいHDD(別PC)。さすがに速い。

まとめデータ(TXT形式)
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
ヤツフサ  

速い・・・・のか??そうか( ゚∀゚)o

2010/07/31 (Sat) 05:41 | EDIT | REPLY |   
ラディア  

>やつふさ
長くなりそうなので次の記事で

2010/07/31 (Sat) 12:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply